02 薄毛になる原因には何がある?主な薄毛の4つの原因について

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

薄毛に関するメカニズムが研究が進められていることもあり、原因が解明されています。主な薄毛の原因は4つ存在するため、以下にまとめて紹介します。
自分はフサフサだから関係ないと思っている人も、将来のために予防するつもりでチェックしてみてください。
薄毛となる1つ目の原因は、ストレスによりダメージを受けてしまうことです。ストレスにより心のバランスが崩れてしまうだけではなく、薄毛になるなどの身体的なトラブルとして現れる人もいるのです。
強いストレスと受けてしまうと、自律神経やホルモンの働きが悪くなってしまう場合もあります。それにより血流が悪くなり毛根に栄養素が運ばれず、薄毛となってしまう人もいるのです。
2つ目の原因は生活環境の乱れで、食事の偏りや運動不足などが薄毛を引き起こす可能性もあるのです。ビタミンやミネラルなどは、髪の毛の生成において欠かせないと言われています。
不規則な生活が続きこれらの成分が不足してしまうと、髪の毛が成長できなくなるかもしれません。また運動不足により血行が悪くなると、1つ目の原因と同じように必要な栄養素が確保されなくなるでしょう。

3つ目の原因は男性ホルモンで、特にテストステロンと呼ばれるものが大きく関わります。このテストステロンは男性の健康には重要なものですが、毛根の毛母細胞を萎縮させる可能性が指摘されています。
テストステロンが過剰に分泌されていると、将来薄毛になりやすくなるかもしれません。そのため薄毛を予防するためには、分泌量が適切になるようにコントロールすることが重要と言えるでしょう。
4つ目の原因は遺伝で、家族の中に薄毛の人がいる場合は注意した方が良いでしょう。たとえば自分は今現在フサフサであっても、両親や祖父母の誰かがひどい薄毛であれば遺伝の影響を受けるかもしれません。
薄毛には男性ホルモンが関わると言われているため、特に男性は注意すべきでしょう。男性ホルモンを受け取る受容体の遺伝子を詳しく検査すれば、影響を受けやすい体質であるかどうかがわかります。
検査の結果から一人ひとりに合わせた治療の方針を立てることもできるため、まずは専門医に相談してみてはいかがでしょうか。
以上が薄毛となる4つの原因ですが、心当たりがある人は日ごろから注意すると良いでしょう。薄毛が本格的になる前であれば生活習慣を見直すだけで血行が良くなり、髪の毛が元気になり育毛剤が効きやすくなるかもしれません。

-育毛
-,

shares
テキストのコピーはできません。

Copyright© ピカキチ育毛119番ドットコム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.