29 M字薄毛におすすめの育毛剤の特徴と選び方について

投稿日:2019-10-09 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

正面から見て生え際がアルファベットのMのような形になってしまうことを、M字薄毛と言います。薄毛の症状がひどい場合は本格的な治療が必要ですが、育毛剤を使うことで改善する場合もあります。
おすすめする育毛剤の特徴や選び方を紹介しますので、気になる人は参考にすると良いでしょう。そもそもM字薄毛とは、AGAという病気の症状の一つです。
AGAとは男性型脱毛症のことであり、治療を行わないで放置していると髪の毛が全体的に薄くなってしまう可能性もあります。生え際が薄くなりM字状になっている人は、できるだけ早いうちから自分に合った育毛剤を使うことが重要です。
そのためM字薄毛におすすめの育毛剤は、一般的なものとは異なります。AGA対策となるものを選ぶ必要があり、ドラックストアなどで購入できる市販のものはおすすめできません。
髪の毛の成長を妨害する悪玉男性ホルモンをDHTと言いますが、これを抑制する働きが期待できる成分が含まれているものをおすすめします。育毛剤の成分表示をチェックして、ヒオウギエキスやノコギリヤシなどが含まれているものを選ぶと良いです。
またAGAの影響でM字薄毛となっている場合、髪の毛一本一本が細くなっている場合もあります。髪の毛が細くなり元気がなくなると、全体的にボリュームがないように見えてしまうでしょう。

成長が妨げられて元気がなくなると、健康な人よりも薄毛になりやすくなるかもしれません。
しかし髪の毛が細くなってしまっても、成長促進の成分を浸透させることで再び太くできる可能性もあるのです。アデノシンやセンブリエキス、tフラバノンなどの成分が含まれているものを選ぶと良いでしょう。
育毛剤を選ぶ際は、頭皮が受けるストレスにも注意しなければなりません。刺激性の強い成分が含まれている場合、頭皮環境が悪化して炎症を起こすこともあります。
M字薄毛の対策にもある育毛剤は、頭皮や髪の毛に優しい天然成分が使われていることが特徴と言えるでしょう。
成分表示をチェックしてアルコールや人工の化学繊維が含まれているものは、なるべく使わない方が良いでしょう。もし育毛剤を使っていてかゆみや痛みなどが続くようであれば、使用を中止して皮膚科を受診してください。
AGAは進行性の病気であるため、M字薄毛の人は日に日に髪の毛が抜け落ちてしまうでしょう。既に抜け落ちた髪の毛はあきらめて、育毛剤を使い新しい髪の毛が生えやすくなるように頭皮環境を整えることが重要です。

-育毛
-, , , , ,

shares
テキストのコピーはできません。

Copyright© ピカキチ育毛119番ドットコム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.