M字ハゲ回復の対策! 薄毛ハゲの遺伝子DNAで何ができる?

#17605
ピカキチ
キーマスター

M字ハゲ回復対策で今回は、遺伝子

今さら、遺伝子、DNAです。

「M字ハゲ回復のためには、何をしたらよいのでしょうか?」のシリーズです。

さて、今度は、M字ハゲ回復のための対策として、遺伝。

遺伝とすれば、遺伝子のDNA、ハゲになる遺伝子DNA

また、ハゲになる遺伝子DNAといっても、今さら、ハゲになる遺伝子DNAで何をするのか。

すでに、ハゲになる遺伝子DNAとしての身体ができているので、ハゲになる遺伝子DNAに対しては不可避、無効力、なすすべはないはずです。

出来るとすれば、ハゲになる遺伝子DNAを原因としてのAGAの影響度の有り無しを見るぐらいではないでしょう。

それによって、どんな対策がM字ハゲ回復としてあるかのアイデアとなるのかわかります。

父方、母方の薄毛ハゲの状況は可能性としてであり、本当かどうかは遺伝子をチェックしなければ何とも言えないです。

今なら、遺伝子検査付きの育毛剤もあります。

 

 

遺伝子検査付きの育毛剤

遺伝子検査付き 育毛剤 Persona(ペルソナ):40代薄毛ハゲの俺でも“数か月使用で髪の毛が太くなった!!

 

 

AGAクリニックでも遺伝子検査ができます。

 

Q.遺伝子検査で何を調べるのでしょうか?

男性ホルモンの感受性(アンドロゲンレセプター)に関わる遺伝子を調べることで遺伝的にAGAを発症し易い体質かどうかをしらべることができます。
将来的なAGAの発症リスクとフィナステリドによる治療効果を予測することができます。
※男性の場合、CAGリピート数でフィナステリドの感受性をGGCリピート数でAGA発症リスクを判定します。
AGAの発症リスクが高い遺伝子をもつ場合でも、必ずAGAを発症するというわけではありません。遺伝による影響は約70~80%であり、さまざまな環境要因の影響も受けるといわれております。

 

 

 

☆続々追加予定☆

M字ハゲ回復の対策! 食生活を・・
M字ハゲ回復の対策! 生活習慣を・・
M字ハゲ回復の対策! ストレスを・・
M字ハゲ回復の対策! 頭皮環境を・・
M字ハゲ回復の対策! 運動を・・

 

 

投稿日: 更新日:

執筆者:ピカキチ

Copyright© ピカキチ育毛119番ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.