05 育毛剤と発毛剤は何が違う?知っておきたい違いについて

投稿日:2019-09-10 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

髪の毛に関するコンプレックスを持っている人は、育毛剤を使うこともあるでしょう。しかし育毛剤だけではなく、発毛剤というものも存在します。この2つにはどのような違いがあるのかわからないという人は、この機会に覚えておくと良いでしょう。
育毛剤と発毛剤はどちらも髪の毛のために存在しますが、大きな違いは分類にあります。美容などを目的としたスキンケア用品には医薬品と医薬部外品、そして化粧品という分類があるのです。この中で育毛剤は医薬部外品に、発毛剤は医薬品に該当します。
つまり発毛剤は本格的な薄毛の治療に用いられるもので、市販される育毛剤とは用途や期待できる効果が異なるのです。薄毛治療の専門医や薬剤師の指導が必要となる場合もあるため、素人の自己判断だけで使わない方が良いでしょう。
育毛剤には発毛促進効果が期待できると言われており、新しい髪の毛の生成のサポートに良いと言えるでしょう。
頭皮環境を整えて毛細血管の血行を促進することで、新しい髪の毛によって良い土壌作りができると考えてください。しかしあくまでも医薬部外品であるため、直接的な発毛効果までは認められていないのです。

医薬品として薄毛治療のために用いられることもある発毛剤には、発毛効果が期待できると言われています。髪の毛の生成に関わる細胞に直接作用することが、育毛剤との違いと言えるでしょう。
さらにこの2つには安全性に関する違いもあるため、頭皮が刺激に弱い人は意識すると良いです。副作用が心配であれば、発毛剤ではなく育毛剤を選ぶことをおすすめします。
刺激性の強い成分が含まれている育毛剤も存在しますが、医薬品ではないため過剰に心配する必要はないでしょう。もし頭皮のかゆみなどが気になる場合、使用を中止して専門医のいるクリニックや病院を受診すると良いでしょう。
医薬品である発毛剤には、ミノキシジルという成分が含まれている場合もあります。ミノキシジルには動悸やむくみなどの副作用が報告されており、重篤な副作用が起こる可能性もあるのです。
しかし重篤な副作用に関しては、20年間のうち数件した報告されていなかったというデータも存在します。過剰に心配する必要はありませんが、いざというときは専門医に相談すると良いでしょう。
育毛剤と発毛剤には医薬品であるかどうかとう違いが存在しますが、どちらが良いかは一概には言えません。どちらを使っても体質に合えば髪の毛が元気になる可能性もあるため、専門医の意見を参考にして試してみてはいかがでしょうか。

-育毛
-, ,

shares
テキストのコピーはできません。

Copyright© ピカキチ育毛119番ドットコム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.