23 仕事のストレスで薄毛になる?薄毛の要因とストレス回避法について

投稿日:2019-12-23 更新日:

薄毛になってしまう原因は様々ですが、仕事のストレスの影響を受けている人もいるかもしれません。人間関係に関する悩み、自分とは合わない仕事を続けている、などのトラブルがある人は要注意です。ストレスの回避法を理解していれば、薄毛を防ぐこともできるでしょう。
人間にとってストレスがまったく悪いわけではありません。しかし強いストレスにより血管が収縮すると、血行が悪くなってしまいます。
頭皮の下には毛細血管があり、毛根はそこから栄養素を吸収しているのです。毛細血管が収縮して血行が悪くなれば毛根に運ばれる栄養素も少なくなり、髪の毛の元気がなくなってしまうでしょう。
また強いストレスを感じることで、不眠となる人もいます。睡眠時間が確保できず不規則な生活を続けていると、血管だけではなくホルモンバランスも乱れてしまうでしょう。
ホルモンバランスが乱れることで、髪の毛の成長を促すホルモンの分泌量が低下してしまう可能性もあります。仕事で忙しく睡眠時間が短い人は、日ごろから体調をチェックすると良いでしょう。

イライラやゆううつな気分から仕事に集中できないことが多くなっている人は、無理までして仕事を行わない方が良いです。つまり薄毛の要因には、血行とホルモンが大きく関わっているのです。
仕事のストレスの回避法ですが、相談できる人がいたら勇気を出して悩みを伝えることです。企業で働いているのであれば、産業医や専属のカウンセラーに相談できる場合もあります。
カウンセリングの結果休んだ方が良いという診断が下されれば、ドクターストップがかかるはずです。休職が必要なレベルではなくても、産業医やカウンセラーを交えて上司と相談する機会を設けてもらうことも重要です。
今現在の仕事が自分に合わず強いストレスを感じるようであれば、仕事内容を調整してもらうように伝えてみてください。無理なく続けられる仕事があれば、血管が収縮することもなくなるでしょう。
睡眠時間が不足している場合、睡眠時間を確保するようにしてください。職場が違法な長時間労働を強いるようなところであれば、弁護士や労働基準監督署に相談することも一つの手です。睡眠不足が原因で様々な病気となる可能性もあるため、とにかく寝ることです。
強い仕事のストレスから、円形脱毛症などの病気になってしまう人もいます。慢性的なストレスがあれば心療内科や睡眠外来を受診して、薄毛の原因を根本的に絶つ必要もあるでしょう。

-育毛
-, , , ,

テキストのコピーはできません。

Copyright© ピカキチ育毛119番ドットコム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.